みちざねの鉄ログ

只見・磐西乗り鉄~会津若松でのサプライズ~

只見線を完乗?し、会津若松のホームへ降りると、警備員が立っており物々しい雰囲気。
ばんもので何かイベントでもあったのかなと思いつつ、ホームを歩いていると中線になんとC11が止まっていました。
e0162001_09444777.jpg
東武鉄道がこの夏より運行を開始するSL大樹のPRとして、わざわざやってきたそうです。
完全にノーマークだったので、これは嬉しいサプライズでした。
あとから調べてみるとC57とも並んだそうで、通りで警備員により誘導が行われているわけです(^_^;)
e0162001_09444773.jpg
2つ目のSLを間近で見るのは初めてで、何だか昆虫のように見えます(笑)
ここでの乗換時間もわずか10分しかなかったので、サーっと撮影して左の233Dに飛び乗りました。

[PR]
# by michizane-saitama | 2017-07-17 10:02 | 写真 | Comments(0)

只見・磐西乗り鉄~会津川口から会津若松へ~

会津川口を出た列車は、只見川に沿って会津若松を目指します。
新潟県側の小出→只見では、一両ほぼ貸し切り状態だった只見線ですが、会津川口からは地元の学生が多く乗り込んでおり、ボックスを取るのがギリギリでした。
e0162001_23103218.jpg
有名な第一只見川橋梁をゆっくりと渡る428D。
e0162001_23104355.jpg
昨年の夏は橋梁を渡る列車を撮影しましたが、今回は列車から只見川をパチリ。

列車はゆっくりと山間部を抜けて、会津盆地へ入ります。
e0162001_23104823.jpg
会津坂下の駅に近付くと車窓には田園風景が広がります。
昨年の夏は雲に覆われて見られなかった磐梯山も、この日は天気が良かったので、遠くに見ることが出来ました。

会津坂下では4分の停車の間に、下りの427Dと交換を行います。
e0162001_23105256.jpg
密かに狙っていた会津坂下での交換風景。
降りてきた学生たちが、構内踏切を渡って列車の前を進みます。

無事交換が終わると、列車は田園風景の中を大きくUの字を書いて進み、終点会津若松へと到着となります。

[PR]
# by michizane-saitama | 2017-07-16 23:40 | 写真 | Comments(0)

只見・磐西乗り鉄~会津川口スナップ~

バスに揺られるうちに眠り込んでしまい、会津川口の到着案内で目が覚めました。会津川口からは再びキハ40に揺られて会津若松を目指すわけですが、次の会津若松行きは2時間後の12:32発。たっぷり時間があるので、散策&昼食の時間としました。
e0162001_21304525.jpg
駅員に一言断ってホームへ入ると、乗る予定のキハ40がエンジンを切った状態で留置されていました。
e0162001_21304554.jpg
どうやら9:39に到着した425Dが、そのまま12:32発の428Dになるようです。
e0162001_21304439.jpg
ホームのプランターを見てみると、旧国鉄一般色とタラコ色のキハ40を模したものになっていました。
この組合せは、少し前の烏山線を彷彿とさせます。
e0162001_21304648.jpg
駅の構内踏切から見た只見方。
この先にはここ数年列車が進入していません。

駅を出て近くを歩いてみます。
e0162001_21304664.jpg
駅の外から丁度スッキリ見える場所があったので一枚。
e0162001_21304727.jpg
会津若松方から見た会津川口駅。
昨年はこれよりさらに会津若松方の橋から撮影しています。
e0162001_21304709.jpg
只見方に歩くと、鉄橋を手前にした会津川口駅を見ることが出来ます。
全線復旧したら押さえたいアングルです。
e0162001_21304892.jpg
駅へ戻る途中、真新しい転車台に目を惹かれました。SL只見号の牽引機の転回に使用されるのでしょうか?
e0162001_21304804.jpg
駅へ戻り暫くすると、エンジンが駆けられ、待っていた乗客達が乗り込んでいくので、自分も乗り込みます。
e0162001_21304463.jpg
ここから再びキハ40での乗り鉄が始まります。

[PR]
# by michizane-saitama | 2017-07-10 21:44 | 写真 | Comments(0)

只見・磐西乗り鉄~小出から只見へ~

前々から行こうと企んでいた只見線乗り鉄の旅。
このところの酷い暑さ&夏光線で撮り鉄なんて出来たもんじゃないと言うことで、唐突ではありましたが会津地方へ乗り鉄しに行ってきました。

始発のとき301号で浦佐へ行き、そこからE129系の普通列車で小出へ。
小出から会津方面へ延びる只見線に乗り換えます。
e0162001_22250279.jpg
乗換時間はたったの4分とタイトな連絡なので、ゆっくりスナップする間もなく列車に乗り込みます(汗)
只見線と言うと東北地域本社色のイメージが強いですが、只見~会津川口の分断により、小出側は新津のキハが受け持っているようです。
e0162001_22252309.jpg
山深くに入っていくと、所々でダムを見掛けるようになります。
e0162001_22252829.jpg
思っていた感覚よりも早く大白川へ到着。
次は小出側の終点只見となりますが・・・ここからが長かった( ̄▽ ̄;)
なんと大白川~只見間の所要時間は30分!
こりゃ途中で運転停車でもするのかと思いましたが、列車は減速箇所こそあれ、一度も止まらず只見に到着しました。
帰ってから調べてみると、この区間の距離は20km以上で、新潟・福島の県境もあり、6km以上の長さの六十里越トンネルも設置されている・・・とあれば、30分掛かるのも納得です。
e0162001_22253781.jpg
六十里越トンネル通過中に、あまりにも暇すぎて撮ったボックスシート。
六十里越トンネルを越えると、ようやく終点只見駅へ。
e0162001_22262315.jpg
ここより会津川口側は何年も列車が走っていないので、草が生え放題になっています。
e0162001_22254241.jpg
e0162001_22254801.jpg
終点にしてようやく、乗ってきた列車をゆっくりスナップ・・・とはいかず、代行バスまでの時間が10分しかないので、これまたタイトなスケジュールで代行バスへ。
e0162001_22262844.jpg
こちらの日野のマイクロバスで只見駅を後にしました。


[PR]
# by michizane-saitama | 2017-07-08 23:46 | 写真 | Comments(2)

秋田遠征~横手スナップ~

横手ではツーショット以外も何枚かスナップを。
e0162001_20290715.jpg
機回し中の777を正面から一枚。
前パンを上げた75はまるで海峡線の79のよう。
e0162001_20272098.jpg
連結に挑むところを客車側から一枚。
昔は日常茶飯事だった客車の連結も、横手ではこの土日限定のイベントとあって、ホームには見物人が溢れていました。

[PR]
# by michizane-saitama | 2017-07-02 22:33 | 写真 | Comments(0)