人気ブログランキング |

みちざねの鉄ログ

只見・磐西乗り鉄~小出から只見へ~

前々から行こうと企んでいた只見線乗り鉄の旅。
このところの酷い暑さ&夏光線で撮り鉄なんて出来たもんじゃないと言うことで、唐突ではありましたが会津地方へ乗り鉄しに行ってきました。

始発のとき301号で浦佐へ行き、そこからE129系の普通列車で小出へ。
小出から会津方面へ延びる只見線に乗り換えます。
e0162001_22250279.jpg
乗換時間はたったの4分とタイトな連絡なので、ゆっくりスナップする間もなく列車に乗り込みます(汗)
只見線と言うと東北地域本社色のイメージが強いですが、只見~会津川口の分断により、小出側は新津のキハが受け持っているようです。
e0162001_22252309.jpg
山深くに入っていくと、所々でダムを見掛けるようになります。
e0162001_22252829.jpg
思っていた感覚よりも早く大白川へ到着。
次は小出側の終点只見となりますが・・・ここからが長かった( ̄▽ ̄;)
なんと大白川~只見間の所要時間は30分!
こりゃ途中で運転停車でもするのかと思いましたが、列車は減速箇所こそあれ、一度も止まらず只見に到着しました。
帰ってから調べてみると、この区間の距離は20km以上で、新潟・福島の県境もあり、6km以上の長さの六十里越トンネルも設置されている・・・とあれば、30分掛かるのも納得です。
e0162001_22253781.jpg
六十里越トンネル通過中に、あまりにも暇すぎて撮ったボックスシート。
六十里越トンネルを越えると、ようやく終点只見駅へ。
e0162001_22262315.jpg
ここより会津川口側は何年も列車が走っていないので、草が生え放題になっています。
e0162001_22254241.jpg
e0162001_22254801.jpg
終点にしてようやく、乗ってきた列車をゆっくりスナップ・・・とはいかず、代行バスまでの時間が10分しかないので、これまたタイトなスケジュールで代行バスへ。
e0162001_22262844.jpg
こちらの日野のマイクロバスで只見駅を後にしました。


by michizane-saitama | 2017-07-08 23:46 | 写真 | Comments(2)
Commented by つま at 2017-07-10 23:44 x
おやおや抜け駆けですか(笑)
只見線とは懐かしい。雪があって、オレンジの守護神が走っていた頃はお世話になりました。
大白川は当時はタブレット。駅員もいました。
六十里峠は道路が冬季閉鎖になるので、どんなに閑散路線の只見線も特雪を出して開通する必要があったわけであります。
すっかり廃れてしまったなぁ。寂しい限り。
Commented by michizane-saitama at 2017-07-12 20:41
> つまさん
金曜の夜に思い立ったら、土曜の朝には小出にいました(笑)
只見線も特雪の聖地だったわけですね。
夏の只見を堪能したので、次は冬の只見でしょうか(笑)