人気ブログランキング |

みちざねの鉄ログ

村上駅

e0162001_00004846.jpg
帰省時恒例の村上バルブ。
滞泊中のキハが静かに佇む。
e0162001_00023491.jpg
日中の村上駅。
825Dの新発田寄りには、新潟行きのE129系が縦列で並び、堂々の10両編成に。
e0162001_00023414.jpg

e0162001_00023471.jpg
終焉迫るきらきらうえつの記録と共に。

# by michizane-saitama | 2019-09-24 22:59 | 写真 | Comments(0)

丑三つ時の新津

祖母の家へ臼引きのお手伝いへ向かう途中、新津へ寄り道。
e0162001_00004819.jpg
丑三つ時を迎えるニツでは、DC、DL、PCが並んで休憩中。アイドリングもなく、虫の音だけが聞こえる静けさ。

と、南方から車輪のリズミカルな音が。
振り返ると、四季島がゆっくりと入線してきました。
e0162001_00004858.jpg
1番線で運転停車する四季島。広い新津駅構内の端っこで暫しの休息。

本当はホームへ入ってバルブといきたいところでしたが改札は閉鎖中。
トワイライト、日本海、あけぼの…と夜行列車が頻繁に停車していた頃の面影が
すっかりなくなった新津駅でした。

# by michizane-saitama | 2019-09-24 00:18 | 写真 | Comments(0)

風っこ返却と石巻貨物

このところ、日本海側へ出掛けることが多かった自分ですが、土曜日は太平洋側へ。

狙いはマヤ回送と渡道していた風っ子のお迎え。
始発のやまびこで宮城へ。
通過まで時間があったので、途中くりはら田園鉄道に寄り道。

適当に順光になるポイントで待機。
ここでまさかC師匠とばったり出会うとは。自分以上にC師匠が驚いていました(笑)
e0162001_21191036.jpg
かくれんぼする太陽と闘うこと数時間。
何とか陽が当たるタイミングで通過してくれました。
(どなたかのおかげで一時間前に通過したナナゴ+マヤは見事なマンダーラだったので忘れます。)

昼過ぎには目的の撮影が終了したので、石巻線へ寄り道。
鹿又駅近くのラーメン屋であっさりしたチャーシュー麵を食べて、秋の石巻貨物を狙います。
e0162001_21191050.jpg
ススキの脇を進む1657レ。
e0162001_21191127.jpg
追い駆けて鹿又駅へ着くと654レと交換中でした。
e0162001_21191129.jpg
戻って有名な俯瞰へ。
654レはDD200の牽引となったようですが、この日はDE10が牽いていました。
刈り取り前の田んぼを進みます。
e0162001_21191074.jpg
1652レで戻ってきた1198を撮って、帰宅しました。
来週にはもう稲刈り済みでしょうか。
黄金の絨毯を進む石巻貨物が撮れてよかったです。


車  両:PASSO
走行距離:137km
給  油:4.53L
燃  費:30.2km/L

# by michizane-saitama | 2019-09-15 21:43 | 写真 | Comments(2)

只見レール取り卸し

大白川で只見へ向かう工臨を見送ったあとは、自分たちも列車で只見へ向かうことにしました。
e0162001_21463331.jpg
大白川へ到着する2424D。
同じ考えの方々で、二両の座席は半分以上埋まっていました。
以前の乗り鉄の時とは大違い(笑)
30分の乗車で只見へ到着。
島式の向かいに工臨が止まっているかたちですが
安全面からホームに留まることは出来ず乗客は皆改札外へ誘導されました。

e0162001_21445850.jpg
レールの取り卸しは大型クレーン車を使用して一本一本行われていました。
e0162001_21445952.jpg
長岡のDE10が故障したため、郡山からピンチヒッターで駆け付けた1180とクレーン車。
e0162001_21445945.jpg
e0162001_21175432.jpg
会津川口側、大白川側の踏切からそれぞれ一枚。
e0162001_21445912.jpg
ホームへは入れませんが外側から見学出来ました。
一本一本手際よく下ろしていました。
e0162001_21445966.jpg
無事に取り卸し完了。
伺ったところによると、2021年度の全線復旧に向けたレール輸送なのだとか。そういえばPC枕木も大量に積み上がっていたっけ。
何はともあれ、今回のレール輸送は目に見えるかたちでの、復旧への大きな一歩となるのでしょう。

# by michizane-saitama | 2019-09-14 19:04 | 写真 | Comments(0)

只見工臨

10年ぶり?に運転された只見工臨。
デーテンのPP牽引という激熱ネタに、気合いを入れて行って来ました。

e0162001_21463274.jpg
Ωカーブを進む只見工臨。
電化区間でのマンダーラが吹き飛ぶ一枚となりました。
e0162001_21463211.jpg
タイミング悪く、只見へ抜ける国道252が工事で通行止めだったので、大白川の発車を歩道橋から。
ここでも晴れてくれて良かった!

只見でレールを下ろし、戻ってきた工臨。
e0162001_21463371.jpg
大白川にて対向列車待ち。
e0162001_21463383.jpg
e0162001_21463346.jpg
e0162001_21463308.jpg
対向のヨンマルと同時に発車していきました。

この後はバルブまで完遂。
久しぶりに気合いの入った日帰り撮影となりました。

# by michizane-saitama | 2019-09-14 00:10 | 写真 | Comments(2)